文字サイズ
× 閉じる

ウサギ多頭飼育崩壊 壮絶な現場

滋賀でウサギ130羽の多頭飼育崩壊 眼球がつぶれ、耳がちぎれた子たちも…ボランティアが見た壮絶な現場

まいどなニュース

滋賀県のとある民家。「家中は牧草で埋もれ、うんちやおしっこがあちらこちらにしてあって、何ともいえない臭いが漂っていました」…ここはウサギの多頭飼育崩壊の現場。昨年5月、保護ボランティアグループをはじめ、近隣住民や個人の保護ボランティアが現場に入り、約130羽のウサギたちを保護しました。体にかまれた傷を負った子や眼球がつぶれ膿(うみ)だらけの子、耳はちぎれて皮膚がただれた子、栄養失調のため痩せ細った子など、けがや病気をしている子がいっぱい…あまりにもひどい現場の様子にショックを受けたボランティアたちも泣きながらウサギたちを保護されたそうです。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る