文字サイズ
× 閉じる

住民植樹の桜 何者かに抜かれる

住民植樹の桜...何者かに「抜かれる」 磐椅神社近く羽黒山参道

 喜多方市熱塩加納町熱塩の磐椅(いわはし)神社近くの羽黒山参道で、住民らが植えた桜の苗木16本が何者かに抜かれていたことが25日、関係者への取材で分かった。
 羽黒山は毎年4月に行われる市指定無形民俗文化財「熱塩の梵天(ぼんてん)祭」で知られる。同梵天祭保存会の男性会員(70)が今月18日、桜の木の雪囲い作業のために現地を訪れた際に抜かれている苗木を発見した。抜かれた苗木は近くに置かれたままになっていたという。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る