文字サイズ
× 閉じる

オオサンショウウオのポーチ反響

「女子高生に流行らせたい」京都水族館の“オオサンショウウオ推し”の裏にある深い愛

Walkerplus

全国のおでかけ施設が三密対策を取りながら営業を再開する中、7月16日にリニューアルオープンした京都水族館では、2メートルという間隔を表すため「オオサンショウウオ1.6頭分」と書かれたシートを館内に掲示中だ。基準とするには中途半端なサイズだが、実はオオサンショウウオは同館イチオシ生物の1つ。「京都市内女子高生の間で大ブームになる」ことを目標にスタッフがオオサンショウウオポーチを着用したり、クリスマスには「オオサンショウウオツリー」を作ったりと、一年中オオサンショウウオを推し続けているのだ。ペンギンやイルカといった定番人気の生き物もいる中で、同館でこれほどまでにオオサンショウウオをプッシュする理由を聞いた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る