文字サイズ
× 閉じる

八代海に流木 台風で災害リスク

八代海に大量流木、九州豪雨の6倍超に 台風で災害リスクにも

西日本新聞

 熊本県南部を中心に九州各地を襲った記録的豪雨で、球磨川から八代海に流出した流木などの漂流物や漂着物が漁業者を悩ませている。国土交通省九州地方整備局によると、15日までに漂流物約7千立方メートルを回収した。回収量は、2017年の九州豪雨時の6倍を超えた。沿岸部には大量の漂着物も堆積し、識者は「高潮で漂流物や漂着物が堤防を越えれば、甚大な被害を及ぼす恐れがある」として、台風シーズンの新たな災害リスクにも警鐘を鳴らしている。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る