文字サイズ
× 閉じる

御巣鷹の尾根に手作りの杖340本

御巣鷹の慰霊登山につえ340本 丁寧な細工、届けた男性名乗らず

共同通信

 乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落の現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」にこの夏、慰霊登山をする人のための手作りのつえ約340本が届けられていたことが分かった。使いやすいよう丁寧に手が加えられ、届けた男性は名乗らず立ち去った。尾根の管理人である黒沢完一さん(77)は「作るのに相当な時間がかかっただろう」と思いに感謝している。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る