意外なライバル?金本氏と松井氏

殿堂入り阪神金本知憲監督と元巨人松井秀喜氏の意外なライバル関係

THE PAGE

平成30年度の日本野球殿堂入りの発表が15日、東京ドーム併設の野球博物館で行われ、プレーヤーズ表彰で阪神現役監督の金本知憲氏(49)と松井秀喜氏(43)の2人が選出された。プレーヤー表彰は、引退後、5年が経過した選手が候補者となるが、金本氏も松井氏もノミネート1年目で一発当選した。松井氏は43歳7か月での殿堂入りとなり野茂英雄氏の45歳4か月を抜いて最年少。松井氏は、有効投票数368票中336票(91.3%)を獲得、これは史上10番目となる高い得票率であった。一方、金本氏は、278票で殿堂入りの条件である75%の得票率に必要な当選数をわずかに2票だけを上回る75.5%での当選となった。

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-