震災犠牲 亡き友の背番号背負う

背負う「1・17」で失った友の背番号7 元プロ、現社会人野球選手の松本幸大さん

神戸新聞

 24年前に亡くなったチームメートの背番号「7」を背負い、今も白球を追う。プロ野球のロッテ、オリックスを経て、軟式の社会人野球に転じた松本幸大(こうだい)さん(38)=神戸市東灘区。中学生の時、親友の大浅田(おおあさだ)一郎君=当時(14)=が阪神・淡路大震災の犠牲となった。優しい性格で誰からも愛され、「ペチ」と呼ばれていた。生前に約束したプロ入りを果たせたのは、「いつもペチが心にいてくれたから」と振り返る。(初鹿野俊)

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-