ダル 本拠地デビュー戦で3被弾

ダルビッシュ、本拠デビュー戦で9勝目ならず 3被弾&自己最少2Kで6回3失点

31歳のバースデー登板はリード許したまま降板、7回は投球練習を行ってからマウンド降りる

 ドジャースのダルビッシュ有投手は16日(日本時間17日)、ホワイトソックス戦で本拠地デビュー。31歳のバースデー登板となった一戦は、6回8安打1四球3失点で9勝目はならなかった。いずれもソロ本塁打ながら、レギュラーシーズンではメジャー自己ワーストタイの3被弾。2奪三振は自己最少だった。7回が始まる前に1度は投球練習を行ったが、ロバーツ監督がマウンドに向かい、降板となった。

続きを読む

Wikipediaで調べてみる

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-