サイン盗み 当時のア軍選手謝罪

【MLB】ア軍“サイン盗み”で初めて選手が非を認める 17年在籍カイケル「謝罪したい」

フルカウント

2018年までアストロズに在籍したホワイトソックスのカイケルがファンに謝罪

 米球界を揺るがしているアストロズの電子機器を使った“サイン盗み問題”。メッツのカルロス・ベルトラン新監督、アストロズのヒンチ監督、レッドソックスのコーラ監督が解任される騒動に発展しているが、当時のアストロズ選手が初めてスキャンダルについて謝罪した。AP通信が伝えている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る