3HRは付録…逆転負けの明徳監督

馬淵監督「3HRは付録みたいなもんです」 勝敗の鍵は

朝日新聞

 (13日、智弁和歌山7―1明徳義塾)

 1点をリードしていた明徳義塾(高知)は七回、大会記録に並ぶ1イニング3本塁打などで一挙7点を奪われ、智弁和歌山に逆転負けを喫した。甲子園通算51勝の経験を持つ馬淵史郎監督は3本塁打を「付録」だと言い、それ以前のプレーが勝敗の鍵だったと振り返った。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索