8強の日本 「陰の功労者」たちは

宿澤、奥、廣瀬……日本ラグビーがわずか8年で世界に追いつけた「陰の功労者たち」

 ラグビー日本代表は2011年までW杯に7大会連続出場するも、わずか1勝にとどまっていた。2011年大会も1分3敗で1次リーグ敗退。

 しかし2015年の前回大会で「ブライトンの奇跡」を含め3勝を挙げると、今大会は4連勝を挙げベスト8に初進出。番狂わせが少ないラグビーで、ティア1と呼ばれる伝統10カ国の壁を見事に破った。

 日本ラグビーはなぜわずか8年で世界に追いつけたのか? チームスポーツでこれだけ一気に階段を駆け上がるのは異例ではないか?

 1991年の第2回大会からラグビーW杯を取材。30年以上、日本代表を取材しているジャーナリストの村上晃一氏に聞いた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る