国枝が初戦敗退 ウィンブルドン

【ウィンブルドン】国枝慎吾、初戦で敗れる「これを取らずに辞められない」

共同通信

 ◆テニス ウィンブルドン選手権第10日 ▽車いすの部男子シングルス1回戦グスタボ・フェルナンデス2(6―4、3―6、7―5)1国枝慎吾(12日、英ロンドン) 

 全豪、全仏覇者で世界ランク1位の国枝慎吾(34)=ユニクロ=が初戦で敗れた。全仏で決勝を争ったフェルナンデスに、最終セット2―5から追いつく粘りはみせたが一歩及ばなかった。16年から始まったこの種目は、シングルス22回、ダブルス20回の優勝を誇る4大大会で唯一取れていないタイトル。「勝ちたいですねぇ。これを取らずに辞められない」と悔しがった。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-