文字サイズ
× 閉じる

両エース最後まで 熱戦に疑問も

1試合の投球数に際限がなくていいのか。両エースが最後まで一人で投げ抜いた熱戦に感じた疑問

THE DIGEST

 日本高校野球連盟はこの熱戦から何を感じただろうか。

 甲子園交流試合の3日目の第1試合。中京大中京対智弁学園の強豪校同士の対戦は、延長10回タイブレークにもつれ込む大熱戦の末に、中京大中京が4対3でサヨナラ勝ちした。

 中京大中京が1回に3点を先行し、智弁学園が4回に3点を返した試合は、手に汗握る好ゲームでどちらに転ぶか分からなかった。その中で、両校のエースが最後まで投げ抜いた。投球数は中京大中京のエース・高橋宏斗が149球、智弁学園の先発・西村王雅は150球だった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る