文字サイズ
× 閉じる

巨人1番打者問題 専門家の指摘は

好調の巨人にある1番打者問題 専門家が指摘する「条件」と原監督の思惑は?

フルカウント

原野球を知る2009年WBC侍ジャパンチーフスコアラーの三井康浩氏が解説

 首位を走る巨人は開幕から4カード連続で負け越しなしと好調をキープ。始まったばかりのシーズン、原監督は選手を試しながら、しっかりと白星を拾っている印象が強い。ひとつ課題となるのが「1番打者問題」。開幕から、吉川尚、湯浅、北村、時には亀井、そして3日の中日戦でも入った増田大が座ってきた。長年、巨人でスコアラーを務めた三井康浩氏は若い1番打者候補に「工夫」を求めた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る