文字サイズ

燕 失敗続きの守護神起用の理由

燕日本一で光った高津監督の“ぶれない姿勢” 失敗続きの守護神を使い続けた理由

フルカウント

第1戦、第5戦で失点でも絶対的な信頼

■ヤクルト 2ー1 オリックス(日本シリーズ・27日・ほっと神戸)

 ヤクルトが2001年以来、20年ぶりの日本一に輝いた。オリックスとの「SMBC日本シリーズ2021」は27日、ほっともっとフィールド神戸で第6戦が行われ、延長12回、試合時間5時間の激闘の末に2-1で勝ち、4勝2敗で栄冠を手にした。1-1で迎えた12回、代打の切り札の川端慎吾内野手が2死二塁から決勝の左前打。スコット・マクガフ投手は10回2死からマウンドに上がり、2回1/3を無安打4奪三振1死球無死点で封じ、胴上げ投手となった。勝利を引き寄せた守護神投入のタイミング。現役時代にヤクルト、日本ハムなどで捕手として活躍し、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた経験もある野球評論家・野口寿浩氏が分析した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る