文字サイズ
× 閉じる

小松左京「復活の日」の先見性

小松左京 感染症による人類滅亡を描いた小説『復活の日』の先見性

NEWSポストセブン

 たびたび「未来を予見していたよう」と評されてきた日本を代表するSF作家・小松左京氏。その代表作のひとつである『復活の日』の先見性について、小松氏と親交があった医師の下村健寿氏が解説する。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る