僧侶が「供養」未消化有休の無念

未消化有休の無念を“供養” 体験談に僧侶が読経

共同通信

 「わが子の誕生日会が7カ月遅れた」「毎年9割使えず定年を迎えた」―。消化できず悔しい思いをした有給休暇にまつわる体験をしたためた灯籠を並べ、僧侶が読経してその無念を“供養”するイベントが10日、大阪市内で開かれた。今春から年5日の有休(年休)取得が義務化されたことなどを受け、意識向上を図るのが狙い。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る