伝説の怪奇漫画家が絵本に挑戦

あのトラウマをもう一度!伝説の怪奇漫画家が絵本の世界へ

ニュースイッチ

 知る人ぞ知る、あの伝説の怪奇漫画家・日野日出志氏が73歳にして初めて絵本作家に挑戦した。1960年代から90年代にかけて漫画雑誌『ガロ』『少年画報』『少年サンデー』を中心に、『蔵六の奇病』『地獄変』『毒虫小僧』など数々の名作を残し、読者に数々のトラウマを植え付けてきた日野氏。“怪奇と叙情”をテーマに描かれた作品は、どれもおどろおどろしい描写でありながら、主人公の悲哀を描くストーリーには誰しもが共感を覚えたはずだ。そんな怪奇漫画の世界から一転、15年ぶりの新作は絵本だという。制作に至った動機や、新しい試みに対する想いを聞いた。(文・梶田麻実)

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索