巣鴨駅で無料配布 切符の芯とは

巣鴨駅で無料配布の「切符の芯」とは何か?SNSで話題も在庫切れ…他駅では構内で有効活用

まいどなニュース

 Suica(2001年導入)やICOCA(03年導入)などICカード乗車券が普及した21世紀の日本では、日常的な路線での切符の需要が減少傾向にある。だが、どっこい、電車の切符は生きている。そう実感したのは、都内のJR巣鴨駅で希望者に無料配布されている「切符の芯」というものを知ったからだ。SNSでの反響を踏まえ、投稿者やJR東日本東京支社に話を聞いた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る