文字サイズ

地域で温度差?白杖SOSシグナル

SNSで何度もバズる「白杖SOSシグナル」視覚障害の当事者たちは実際どう思っている? 実は全国共通ルールではないらしい

まいどなニュース

視覚障害者が外出先で困ったことがあった時、白杖を頭上に掲げて周囲にサポートを求める「白杖SOSシグナル」という合図があります。40年以上前に福岡県盲人協会が「白杖シグナル」として提唱し、趣旨に共鳴した岐阜市が2015年3月に公募で「白杖SOSシグナル」のシンボルマークを制定。岐阜市や岐阜県視覚障害者福祉協会などが中心となって全国的な普及を目指して啓発に取り組んでおり、内閣府のサイトでもこのマークが紹介されています。実はこのシグナル、ここ何年もSNSで繰り返しバズっている定番ネタのひとつ。毎回「知らなかった」「大事なことですね」などの善意の声とともに拡散され、実際にサポートにつながったケースもある一方で、当の視覚障害者や支援者の間では否定的な見方も根強いことで知られています。一体どういうことなのでしょうか。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る