文字サイズ
× 閉じる

コロナ禍で模索 落語の在り方

コロナ禍で模索する落語の在り方…林家木久蔵がオンライン寄席を始動、父・木久扇は後方支援

まいどなニュース

 コロナ禍に伴い、興行の世界はオンライン配信で活路を模索している。落語家の2代目林家木久蔵(44)はオンライン寄席「電笑亭」を旗揚げし、27日に始動する。初回は無料配信だが、その運営費等をまかなうため、25日の23時59分59秒までクラウドファンディングで資金を特典付きで募る。席亭を務める木久蔵、第1回のゲストで日本テレビ系「笑点」の黄色い着物でお馴染みの父・林家木久扇(82)に思いを聞いた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る