文字サイズ
× 閉じる

映画「邦題が違いすぎる」背景は

映画の「邦題が違いすぎる問題」背景にある事情 映画「ザ・バケット・リスト」の意外な邦題

東洋経済オンライン

皆さん、デビットです。最初にうれしい報告です。このコラムでもいろいろ紹介している日本語に対する私の素朴な疑問や誤解をまとめたものが本になりました。『外資系社長が出合った不思議な日本語』です。興味があったら手に取ってみてください。

実は私のPCの「メモ帳」というアプリに15年以上書き留めてきた日本語についてのメモがあり、そのメモはこの本のネタ帳とでもいうべきものです。PCを交換してもこのメモだけは必ず引き継いできた、非常に思い入れのあるメモです。そして「死ぬまでに絶対やりたいこと」の1つとしていつかこれを本にしたいと思ってきました。まさに私の「バケットリスト」の1つがかなったというわけです。

バケットリストってなんだ?

あれ? バケットリストって通じませんか? だって映画は日本でも大ヒットしましたよね? ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの共演で、天海祐希さんと吉永小百合さんでリメイク版も作られた……そう、邦題では『最高の人生の見つけ方』として知られる映画です。実はオリジナルの題名は『The Bucket List』です。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る