トルコ機 滑走路外れ急斜面に

トルコ機が着陸失敗、海に落ちる寸前止まる けが人なし

トルコ北東部トラブゾンの空港で14日、アンカラから到着したペガサス航空のボーイング737−800が滑走路を外れた。乗客乗員162人は無事(ゲッティ=共同)

共同通信

 トルコ北東部トラブゾン空港で13日夜、同国の格安航空会社「ペガサス航空」のアンカラ発トラブゾン行きボーイング737型機が着陸に失敗した。ロイター通信などが報じた。機体は高台にある滑走路から外れ、黒海に落ちる寸前に、急斜面で止まった。乗客162人と乗員6人にけがはなかった。

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-