バチカンで性的虐待対策会議

バチカンで性的虐待対策会議 未成年保護へ法王主導を強調

共同通信

 【ローマ共同】ローマ法王庁(バチカン)は21日、世界各地でカトリック聖職者による性的虐待事件の発覚が相次いできたことを受け、対策を話し合う「未成年者保護会議」を開いた。24日まで行われ、各国の司教の代表者ら計約190人が参加。醜聞に揺れる中、ローマ法王フランシスコ主導による取り組みを強調する狙いがある。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る
-