米集会で衝突 大統領姿勢に批判

米バージニア州の白人主義集会で衝突、死者も=車突入、ヘリ墜落―トランプ氏に批判

米バージニア州シャーロッツビルで12日、右翼団体や白人至上主義団体が予定していた集会の参加者と反対派の衝突が相次ぎ、地元州知事が非常事態を宣言した。写真は衝突する右翼団体と反対派。【AFP=時事】

時事通信

 【ワシントン時事】米バージニア州シャーロッツビルで12日、白人至上主義団体や極右団体が予定していた集会の参加者と、反対派の衝突が相次ぎ、マコーリフ州知事が非常事態を宣言した。反対派の集団に車が突入する事件やヘリコプター墜落で計3人が死亡。事態を受けトランプ大統領は「暴力」を非難したが、人種差別への直接的な言及を避けたため、批判の声が上がっている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-