露W杯出場に世論の賛否拮抗 英

ロシアW杯へ出場に賛否、英世論 神経剤襲撃事件で

 【ロンドン共同】英南部の神経剤襲撃事件を発端にした英国とロシアの外交関係悪化を受け、ロシアで6月に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)にイングランド代表が出場するべきかどうかを巡り、英国で議論が熱を帯びている。ボイコットを支持する議員も徐々に増加、最近の世論調査では賛否が拮抗している。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-