文字サイズ
× 閉じる

コンゴ 8カ月で市民1300人殺害

コンゴで市民1300人殺害 鉱物資源巡る紛争激化、8カ月で

 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は5日、金などの鉱物資源を巡り紛争が続くコンゴ(旧ザイール)東部の北キブ州などで過去8カ月に市民約1300人が複数の武装勢力や軍、警察に殺害されたと発表した。各地で紛争が激化し、犠牲者はこの数週間で急増しているという。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る