文字サイズ
× 閉じる

公共機関で不審取引?ベネズエラ

ベネズエラ、公共機関で不審取引 海外送金巡り指摘

共同通信

 政治や経済の混乱が続くベネズエラで、公共機関が関係した海外送金に多額の不審取引が指摘されていたことが、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が把握したフィンセン文書から21日、判明した。金融機関がマネーロンダリング(資金洗浄)などの可能性を報告した2009〜17年の「疑わしい取引」でベネズエラ関連計48億ドル(約5000億円)超のうち、約7割が同国の官庁や国営石油会社などの関わった送金だった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る