文字サイズ
× 閉じる

「米版はやぶさ」小惑星に着陸

米版はやぶさ、小惑星に着陸成功 太陽系の成り立ち解明へ

共同通信

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は20日、“米国版はやぶさ”とも呼ばれる探査機オシリス・レックスを、地球や火星の軌道の近くを回る小惑星ベンヌに着陸させることに成功した。60グラム以上の入手を目標に、岩石の採取も実施。作業は計画通りに進んだため、岩石を得た可能性が高いとみられる。1週間から10日ほどで採取の成否や入手量を確認し、2023年9月に帰還する。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る