日々、つらい肩こりに悩まされていませんか? 肩こりは肩の筋肉が疲労して血行不良を起こすことで引き起こされますが、原因は運動不足や正しくない姿勢、眼精疲労などさまざま。そのひとつになりうるのが枕の選び方だということをご存じでしょうか? もしかしたら自分に合わない枕を使っていることが、肩こりの原因になっているのかもしれません。

●枕が肩こりの原因になるのはなぜ?

 私たちは1日の1/4〜1/3程度を睡眠時間にあてていますが、その間は全身どこにも負荷がかからない状態でいるのが理想です。しかし、枕が柔らかすぎたり固すぎたり、高すぎたり低すぎたり、自分に合っていないものを使っていると、首や肩に負荷がかかってしまうことに。その結果、体を休めるために寝ているはずなのに逆に首や肩に負担がかかって、肩こりの原因になってしまうのです。

 自分に合わない枕による肩こりを我慢する人もいるかもしれませんが、肩こりを放っておくと頭痛の原因になったり、眠りが浅くなることで睡眠不足の原因になってしまうことも。また、背骨や腰にまで負担がかかってしまうと腰痛を引き起こしてしまうこともあるので、合わない枕を使っている人は注意が必要です。

●肩がこらない枕の選び方

 では、肩がこらない枕を選ぶときにはどんなところに気を付ければ良いのでしょうか。3つのポイントを紹介しましょう。

・高さが自分に合っているか

 枕の高さは仰向きで寝るのか横向きで寝るのかによって選び方が異なります。いずれも首や肩に負荷がかからないように、仰向き寝の場合は首の骨のゆるやかなS字カーブを支えられるような高さ、横向き寝の場合は首の骨がまっすぐになる高さのものを選ぶのが良いでしょう。

 また、その人の体格や好みも選ぶときのポイントとなります。男性や普段から運動するようながっちりした体格の人は高めのものを、女性やお子さん、細身の体格の人は低めのものを選ぶのがオススメです。また、枕の固さによって頭をのせたときの沈み具合も異なりますので選ぶときのポイントのひとつにしておくのが良いでしょう。

・寝返りがしやすいか

 私たちは寝ている間に約20回程度の寝返りを打つといわれています。これは体の一部分に負荷がかかるのを防いだり、血行不良にならないように大切なもの。しかし、自分に対して枕が小さすぎたり、素材がやわらかすぎてうまく寝返りが打てなくなってしまうのは避けたいところですよね。

 そのため、枕のサイズが寝返りができるだけの充分な横幅があることと、寝返りのしやすい素材のものを選ぶのが大切です。羽毛やパイプ、そばがら、ポリウレタンなど枕に使われている素材はさまざま。それぞれに長短の特徴があるので、自分の好みにあったものを選ぶようにしましょう。

・体にフィットしているか

 今は枕と一言でいってもその形状はさまざま。長方形の見慣れたものもあれば、首の形にフィットするようにS字型になっているもの、上下や裏表を変えることで寝心地を変えられるものまで自分の寝方に合ったものを選ぶことができます。枕の高さ、素材感とあわせて使ったときに首や肩が楽な姿勢でいられるものを選ぶようにしましょう。

 枕を選ぶときには人間工学的に自分に合ったものを選ぶのが大切ですが、やはり自分の好みの柔らかさ、高さ、寝心地を考慮することも重要なポイントです。睡眠時間を快適なものにするためにも、肩がこりやすいという方は上記のポイントをふまえて枕の買い換えを検討してみてはいかがでしょうか?

<参考サイト>
・寝具のプロがおすすめしたい!正しい枕の選び方
https://www.nishikawa-store.com/c/column/makura_column01