中国のシャオミがスマートフォンの世界シェアで2位になった。

調査会社「Canalys」が発表した2021年第2四半期のレポートによると、シャオミ(Xiaomi)のシェアは17%となり販売台数でアップルを超え、初めて世界2位になった。1位はサムスンの19%で、シャオミとの差はわずか2%。アップルは14%で3位だった。

シャオミの雷軍CEOは「これはシャオミの歴史上、重要なマイルストーンだ」と表現した。

雷CEOはさらに「シャオミは初めてこのような高みに到達した。今後も激しい闘いに直面するだろう。この瞬間を祝う気持ちより、シェア2位を安定して維持していくことを望む気持ちが強い」と述べた。

この発言の背後にはサムスンを超えてスマホ市場で世界トップを目指すという野心がある。雷CEOは3年〜5年でこの目標を達成したいと考えている。

スマホ以外にもさまざまな分野で事業展開しているシャオミだが、世界シェア第1位のスマホメーカーになる望みは実現するだろうか。

実店舗の出店スピードを加速

当面の課題は、世界シェア2位をどう維持していくかだ。

スマホ市場では昨年から予想外の事態が頻発し、業界はこれまでになく大きく変化している。アメリカの制裁によってファーウェイが失った国内外のシェアを、シャオミだけでなくOPPO、vivo、サムスン、アップルなどの海外メーカー、中国メーカーが虎視眈々と狙っている。

今年はシャオミの設立から10周年にあたり、カギとなる重要な年だ。次の10年に向けた始まりの年でもあり、市場シェア獲得に全力を尽くさなければならない。

現在、オフラインの販路開拓はシャオミにとってシェア拡大のための重要な手段だ。

昨年、Redmi Note 9の発表会で同ブランド総責任者の盧偉氷氏は「今後1年の間にすべての県庁所在地に公式ショップMi Store(小米之家)があり、全てのシャオミファンの近くにMi Storeがあるようにしたい」という目標を打ち立てた。2020年11月からシャオミは月1000店に近いペースで出店を進めており、最新情報によると過去1年で約8000店を開設している。

成長エンジンは海外事業

Canalysのデータによると、トップ5のスマホメーカーの中でシャオミは第2四半期の成長率が最も高く83%に達している。それに続くのがOPPOとvivoで、それぞれ28%、27%だった。サムスンは15%、アップルの成長率は最も低くわずか1%だった。

Canalysのアナリスト劉芸璇氏は「海外事業はシャオミの成長エンジンで、特にラテンアメリカ、アフリカ、西ヨーロッパ市場で成長している」と述べている。

Canalysのデータによると、シャオミは上記3市場での出荷台数がそれぞれ300%、150%、50%以上増加している。

雷CEOの公開書簡の内容も上記の説明を裏付けている。「海外業務の成長は順調で、すでに100あまりの国・地域の市場に進出し、海外市場での売上高は総売上の半分に達している。現在10数カ国で市場シェア1位となっており、シャオミは真の意味でグローバル企業となった」。

しかし、ハイエンド市場ではまだ確固たる地位を築いていない。サムスンやアップルと比べるとシャオミの端末の平均価格は、それぞれ40%、75%安い。今年の優先課題は、「Mi 11 Ultra」などのハイエンド機種の販売数を増やすことだが、難しい闘いだ。

現在、世界のスマホ市場は新型コロナウイルス、政治環境、原材料供給などさまざまな要素に影響を受けている。

TMT(テクノロジー、メディア、通信)業界に詳しいある証券アナリストは「シャオミのシェアが世界2位になったのは偶然という要因も大きい。通年で見るとシャオミはまだアップルには及ばない。今年の予測はシャオミが年間で1億9000万台、アップルは2億3000万台、サムスンは2億6000万台程度を見込んでいる」と分析する。

現在のポジションは今後の持続的成長を保証するものではない。シャオミが現在のポジションを維持できるかどうかは今後の市場動向を見る必要がある。
(翻訳・普洱)