人間の指紋と同様、犬や猫の鼻の模様(鼻紋)も個体ごとに異なる。アリババグループのモバイル決済サービス「アリペイ(支付宝)」はこのほど、この特性を元に鼻紋の識別による迷子ペット捜索機能をローンチした。

この機能を利用するには、アリペイを開いて「防走失(迷子防止)」と検索してから、「愛寵証(ペットID)」にペットの情報および鼻の写真を登録し、ペット用電子IDを取得しておく必要がある。ペットが迷子になった場合、迷子届はワンクリックで可能。迷子になったペットを通行人が見つけた場合、アリペイで鼻の部分をスキャンすれば識別が行われ、仮想電話番号で飼い主に連絡、ペットが帰宅できる仕組み。

アリペイの運営母体「アント・グループ(螞蟻集団)」のフィンテックチームは、ペット保険における個体識別という課題を解決するため早くも昨年、ペットの鼻紋識別技術を開発。当該技術を保険会社や行政機関の都市管理部門など提携先に逐次公開してきた。

ペットがよく動いて写真を撮るのが難しいという問題に対しては、ほんの1秒静止していれば撮影可能なペットカメラも開発した。同チームの研究成果により現在までに十数件の特許が取得されている。