無意識にやってしまっていることに気がつくと、解決の糸口がつかめることもあります。
今回は、片づけるときの手元の動きについて教えてもらいました。

<教えてくれた人>渡部夏代さん…整理収納アドバイザーとして、一般家庭と企業の整理収納についてアドバイスを行っている。現在は資格講座の認定講師としても活躍中。書類整理も得意。

手元の動きを再確認!「とりあえずグセ」ありませんか?

片づけをしている時、判断に迷うモノ、定位置が決まっていないモノが出てくることがよくあります。
そういうモノが出てきた時、それらをどうしていますか?

「とりあえず」と言ってその辺に置いてしまう

判断に迷うモノ、定位置が決まっていないモノを「とりあえず」と言って、横の棚に置いたり隙間に差し込んだり。
手元の動きを見ると、無意識に「その辺」に置いてしまっていることがあります。追いやると言ってもいいかもしれません。
これでは単にモノが手を通過して移動しただけです。
置く場所にも根拠が無いので、片づけたとは言えません。
でも本人は動かしたことで片付けた気になってしまっています。

モノを手にしたら、曖昧にせず最後までしっかり行方を決める

判断に迷うモノなら、「迷うモノ」として迷うモノばかりを集めておきます。
定位置が決まっているモノなら、確実に定位置に戻します。
捨てるなら、「不必要なモノ」として集めておきます。
モノの行方をひとつたりとも曖昧にしない。これを死守します。

隙間があるから入れるのではない

収納する時は、「なぜここに収納するのか?」と、そこに収める意義を持つようにします。
例えばレシピ本の場合だったら、「料理する時にすぐに取り出せるように、キッチンに収納する」
バスタオルは、「お風呂に入った時に使うから、洗面所の棚に収納する」
「〇〇は、△△だから、□□に収納する」という感じで全てのモノに当てはめます。

一時的に仮置きする場合も同じです。
「この振り込み用紙は、明日銀行で手続きするから、忘れないようにテーブルの上に置いておく」
これだと、ちょい置きだったとしても、明確な目的があります。
期間も決まっていますのでいつまでもとりあえず置きしないモノです。
他の方法で手続きしてしまった場合は、持つ意義がなくなりますので必要無いモノになるので処分できます。

隙間があるからといって「とりあえず置く」のはやめましょう。
それだと定位置がいつまで経っても決まらず、片づく日は永遠に来ません。

手元の動きを再確認

モノを手にしたその瞬間、無意識に空いているところに置いてしまっていませんか?
やっちゃっていたら要注意!手にしたモノの行方をしっかりと見届けるようにします。


※ご紹介した内容は個人の感想です。
※記事の内容は取材当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
構成/サンキュ!編集部