家のマストアイテム筆頭にあげられやすいソファ。
今回は、ソファなし生活のメリットを3つ教えてもらいました。

<教えてくれた人>マツさん…元バリスタ。コーヒーショップでの店長経験もあり、食への知識・興味関心も強い。現在は夫が単身赴任中で、子ども2人と暮らす。転勤族のためモノを持たない暮らしを心掛けており、子どもも安心して過ごせるシンプルな部屋作りにも注目が集まる。

スペースが広くなって、できることが増えた


何といっても最大のメリットはスペースが広くなったこと。ソファがあった場所が何もない空間になるので当然の結果なのですが、とても広々としていて気持ちがいいです。

以前はソファをリビングとその奥のキッズスペースとで区切るようにして配置していたのですが、そうするとソファの後ろでおもちゃを広げた後、足の踏み場がなくなってソファの前に移動して…となって遊びにくそうだったんです。広いスペースをとる電車のおもちゃも、最近またよく遊ぶようになりました。

掃除がラク

前項目でお伝えしたように、おもちゃを広げて遊んでもおもちゃがソファの下に入るとそれを拾うのもまぁ大変でした。ソファがなくなってからは「ソファ下のおもちゃ拾い」がなくなったうえ、床掃除もうんとラクになりましたよ。

フローリングモップでスーイスイ。ソファの下ってほんとうにホコリがたまりやすくて、1日に何度もモップかけをすることもありました。それを思うと本当に快適になったなぁ…と掃除するたびに感じます。

ソファ自体の管理から解放された

これはソファのタイプにもよるかと思いますが、筆者宅で愛用していたソファは木枠+クッションの形状のものでした。

・カバーの洗濯
・木枠のホコリとり
・隙間のゴミ拾い
・変なニオイがしないかチェック
など…地味〜に管理することが多くて…

筆者はこまめに丁寧に掃除ができるタイプの人間ではないため、木枠にうっすらホコリがかぶっているのはデフォルトでしたね…(汗)

そのホコリを見るたびに「あぁ私って掃除もちゃんとできないのね…」と自己嫌悪になることもあったので、そのストレスから解放されたのはそれはそれは大きかったです。

もちろん、家事や作業などて日中少し疲れたな〜と思ったときにソファにふわっと腰かけるあの感覚はとても癒し。筆者も大好きだったので、たまに「あ〜ソファに座りたいなぁ〜」と思うこともあります。しかし、子どもたちも少しずつ体が大きくなり身のまわりのものも増え、スッキリしたリビングを求めてソファのない暮らしを選択しました。

とはいえ、これからもずっとソファなしで暮らすかと問われると「ノー」ですね。きっとまたいつか、1人がけなのか3人がけなのか、おおきなクッションのようなものなのか、何かしらソファやそれに準ずるものは置くような気はしています。案外その「いつか」はすぐやってくるかもしれません。(でも今のアパートに住んでいる間は大きいソファは置けないかなぁ…)

大切なのは「今必要かどうか」だと思います。

おわりに

ソファは捨てましょう!とオススメするつもりではありませんが、なくてもメリットはあるよというお話でした。

もし今ご自宅のソファが物置き化していたり、スペースをとりすぎているがゆえに本当にやりたいことができない…と手放すことも考えているかたや、これから引っ越す家にソファを置くかどうか迷ってるかたがいらっしゃいましたら、筆者個人の体験談として参考になれば幸いです。


※ご紹介した内容は個人の感想です。
※記事の内容は取材当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
構成/サンキュ!編集部