ゆずゴールデンレトリバーさんが、4才になる愛犬のゆずちゃんをXに投稿。むだ吠えを注意されたあとのゆずちゃんの行動が「かわいい」と注目を集めました。いったい、なにをしたのでしょうか?

「むだ吠え」を怒られてつげ口に行く

「ワンワンむだ吠えしていたので、『ワンワン言うならお家入らないかん!』と注意」というコメントで始まる今回の投稿。そこには、窓の外を見つめるゆずちゃんの姿が映っていました。

するとゆずちゃんは、飼い主さんの声に反応するようにその場で立ち止まります。

しばらく飼い主さんのほうを見つめたあとで、ゆずちゃんは歩き出しました。

しかも、目を合わせないようにうつむいて……。

隣の部屋にいたお母さんの元にたどり着くと、まるでつげ口するように「なでて〜」と甘えるのでした。

怒られた直後に、わかりやすいほどに態度に表したかわいいゆずちゃん。いったい、何に吠えていたのでしょうか?

通りでお話する人が気になった?

動画が撮影されたときの状況を、飼い主さんに伺いました。

「この窓から家の前の通りが見えるのですが、人がザワザワしているような音が聞こえました。おそらく、数人の人が何かお話をしていたか、作業をされていたのだと思います。たまに発揮する番犬本能で、警戒してワンワンと吠えてしまったようです」

しかし、ゆずちゃんは大型犬。周囲の人を驚かせないように、飼い主さんも配慮が必要でした。

「ゆずは大型犬なので、体も大きければ、ワンワン鳴く声も大きいです。ゆず自身にとっては不本意かもしれませんが、家の前にいる人たちがビックリしてしまわないように『止めなくては!』と思いました」

甘えるゆずちゃんと怒る飼い主の立場が逆転

そうして怒られたゆずちゃんは、どうして甘えに行ったと思いますか?

「ゆずからすれば、怪しい人が家の前にいるため吠えていたので、注意されることが不服だったのだと思います。『がんばって守っているのに、なんでイジワルを言うの!』という気持ちでお母さんのところへ行ったのだと思います。

私から顔をそむけるようにして、お母さんにずっとなでてもらっていました。完全に私がイジワルした加害者のような立場になっていました……」

飼い主さんの思いとは裏腹に、ゆずちゃんは拗ねてしまったのですね!

自分の声の大きさをわかってもらいたい

最後に、ゆずちゃんに伝えたいことを伺いました。

「『おうちを守ってくれるのはとってもありがたいけど、あなたの声はびっくりするほど大きいのよ』と言いたいです。家の前の道路まで家だと思っているようなところがあるので、そこはみんなの道路だから……」

ゆずちゃんの行動を気にかけている飼い主さん。ゆずちゃんに危険なことが起こらないよう、しっかりと見守っていることがこの投稿からも伝わりました。

取材協力:ゆずゴールデンレトリバーさん
構成/サンキュ!編集部

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。