女性アスリートの性的な撮影被害や画像拡散が、東京五輪を前に、人権問題として大きくとりあげられるようになった。「全力で守ってあげてほしい!!」。バレーボール女子の日本代表として2004年アテネ五輪に出場した大山加奈さん(36)は、熱い気持ちでツイッターに書き込んだ。日本オリンピック委員会(JOC)が対策に乗り出す方針がニュースで流れたからだ。「自分は仕方ないと思って流されてきてしまったけど、このタイミングで、みんなで考えてしっかり改善しないといけない」という切実な思いだった。2020年10月下旬、インタビューに答えた。(共同通信=品川絵里、柄谷雅紀)

 ▽盗撮、Vリーグのトイレでも

 −今回、取材を引き受けて下さった理由を、改めて教えてください。

 若い選手を守ってあげてほしい、という気持ちがすごくあります。こういう問題って、今まで取り上げてこられなかった。私が少しでも力になれれば、と思いました。

―以前から、実態は知っていましたか。

 当時、つらい思いをしていた訳ではないけど、今考えると、「ひどいな」というのがあって。流されてしまっていたところ、女子アスリートはしょうがないと来てしまったところがある。このタイミングでなんとかしないといけない、と思いました。皆で考えてしっかり改善していかないといけないと思います。

 ―具体的には、どのような嫌なことがありましたか。

 Vリーグのトイレが盗撮されていたのです。私の画像は出回らなかったけど、ユニホームを着て、名前も出ていて、誰と確実に分かるものが出回っていた。それがすごいショックでした。ネット上には、赤外線カメラで撮ったもの、下着が透けていたものはあったので、すごく嫌な思いをしました。

 その後、Vリーグの会場でトイレに行くのは怖かったです。赤外線の写真に関しては「ある程度しょうがないのかな」とあきらめていました。気にしていたら、プレーできないので。プレー中の写真について重く受け止めてなかったというのが正直なところですね。

 ▽「仕方ない」は危険

 プレーとは明らかに関係のないタイミングでの撮影行為。高校生の時に観客として見に行ったVリーグの試合で、前方に座る男性が選手のお尻をアップにして執拗に撮影する様子を目にしていた。「仕方ない」と割り切るしかなかった。

 ―ツイッターでは更衣室にも触れていましたね。具体的な例を知っていたら教えてください。

 学生の大会だと、更衣室が用意されていないことが多くて、皆トイレで着替えたり、ひどいと観客席で着替えたりとか。中学生の場合、普通にそういうのはあった。私たちも観客席で着替えたりしていて、やっぱりカメラで狙っている人はいる。でも当時は「いいや」との気持ちだった。今考えると危ない。

 ―会場の更衣室は、主催者がきちんとやってくれないと困りますよね。

 そうですね。なかなか、学生の大会だと更衣室、控え室を確保するのは難しいのかもしれないと思うけど、配慮してもらいたい。

 ▽「パワフルカナ」に違和感も

 アスリートがプレー内容以外で注目を受けることは往々にしてある。選手の外見に着目する報道もそうだ。大山さんは「パワフルカナ」というキャッチコピーがつけられ、「プリンセスメグ」こと栗原恵さんとのコンビ「メグカナ」は人気を博した。ただ、キャッチコピーには違和感を持っていた。「パワフルカナで覚えてもらったのはありがたかった」と振り返りつつも、プレー内容で評価されるのがスポーツの本質という思いを胸に秘める。栗原さんからは「(パワフルカナは)プレーの特徴、武器だから羨ましい」と言われたという。「プリンセスはそれこそ見た目」だ。

 ―「美人アスリート」など、メディアは成績と関係ない部分で取り上げたりします。大山さんは、こういうことをどう考えますか。

 分かりやすいですよね。美人アスリートとか、イケメンアスリートとか。日本のファンは選手の顔と名前から入ると思います。競技ではなくて、この選手の顔が見たいとか。顔と名前をまず覚えてもらうことが必要だなと、引退してから受け止めていました。

 でも、やっぱりバレーはチーム競技。特定のメンバーがピックアップされるよりも、チームとして取り上げてもらいたいという思いは、ずっとあります。競技の魅力を知ってもらってバレーボールを好きになってもらう。いつかは選手個人よりも、競技から入ってもらえるような環境を作っていきたいと思います。

 ―選手個人に焦点を当てると、スポーツに本当に興味がない方にも、ちょっと立ち止まってくれるきっかけになります。でもそれが行き過ぎると、おかしなことになりますね。

 個人の魅力と同時に、プレーの魅力もちゃんと伝えてくれればいいですけどね。

 ―個人の魅力については、引退してから、そう思うようになったのですか。

 そうですね。ある程度、しょうがないのかなと。見た目で取り上げてしまったりだとか。まずは覚えてもらわないといけない。ある程度は仕方ないと思っています。

 ―贔屓の選手がいると応援していても楽しくなります

 そうですね。そこからチームを好きになってもらえれば、一番良いんですけどね。やはり、応援してもらわないといけない立場なので、注目してもらったりとか、ファンになってもらうというのは絶対に必要な事と思いつつも、やっぱりそういう部分では無くて、プレーであったりだとか、頑張っているところを好きになってもらって、応援してもらえるととてもありがたいなと思います。

 ▽体罰問題も発信

 大山さんは自らの発信力を活用し、他にもスポーツ界に根強く残る体罰の問題や自身が経験した不妊治療にも積極的に発言する。

 ―ツイッターでは、体罰にも言及していますね。スポーツ界にはまだまだ問題があると思います。JOCやスポーツ庁に求めることは。

 まずは、本当に小中高生のレベルでどんなことが起きているのか、しっかりヒアリングしてもらいたい。私の元にも最近も、本当にたくさんのダイレクトメッセージ(DM)が親御さんから届いていて。もう、胸が痛くて痛くて。

 体罰とか暴力とかで、こんなに日常的に起きていることであるし、まだまだ全然なくなっていない。どうやったら改善できるのかというのは私も答えは出ていないですけど、でも早急に何とかしないと。これ以上、苦しむ子ども達を出さないために、早く動いて欲しいとは思います。

 ―影響力のある大山さんが言及するだけで、とても効果があると思います

 そう信じて、これからも発信していこうと思います。

 ―今後やっていきたいことは何でしょうか

 バレー界のトップに立ち、バレー界を変えていきたいとずっと考えている。後は、バレーだけで変えていくのは中々難しいので、他のスポーツの方と連携を取って、スポーツ界全体でそういう方達とタッグを組んで、ムーブメントを起こしていくことが大事かなと。

 ―問題がある中、スポーツを続ける人たちへの励みになるメッセージをください。

 「おかしい」と声を上げた人が、おかしいとなってしまう風潮がまだまだある。まずそこを一つ改善していくことかと。声が上げられずに、我慢して、苦しい思いをしてしまう。だから声を上げた人が、悪者扱いされないで済むように、環境を整えていかないといけない。

 声を上げたらその内容が、監督、コーチに筒抜けになってしまうと、なかなか声を上げることはできない。

 子ども達、選手を守れるのは大人です。何のためにスポーツをしているのかという理念をもう一度、持って、子ども達や、指導対象者に接して欲しい。

 ▽不妊治療を公表

 ―不妊治療について、公表したのはどうしてですか。

 まず一つは、悩んでいらっしゃる方、治療を頑張っている方が周りにもすごくたくさんいて、SNSを通じてもそういう人たちがいるって感じていて、そういう方達のために少しでも力になれたらと。そして、そういう方達がたくさんいるということを知らない人もたくさんいるので、理解が進んだらいいなと思って公表しました。

 ―健康上の知識を現役時代に知りたかったという気持ちはありますか。

 私は生理が順調だったけど、仲間達の中には高校3年間きてなかったとか、Vリーグ入ってからも生理不順の子もいましたが、「生理が来なくて楽」だと捉えてしまう。その時はそう考えてしまうんですよね。でも、もし子どもが欲しいと望んだ時に、その望んだ未来を手に入れられないかもしれないという可能性があるというのを、若い選手達に知ってもらいたいし、伝えたいなと思って。

 ―生理が順調にきていた選手は珍しいのですか

 珍しくはないです。でも、生理がすごく重くて試合を欠場しなくてはいけないというような選手もいた。ちょっとおかしいなと思うことがあったら、ちゃんと病院に行くというのは、本当にやってもらいたいと思います。

 ―生理のタイミングをずらすため、低用量ピルは飲まれていましたか。

 私は飲んでいなかったです。学生時代って寮に入っている子が多くて、病院に行こうと思ってもなかなかいけない。特に指導者が男性なので、病院にいきたいとも言いだせない。そこは何とか指導者が知識をもって配慮してあげてほしい。保健の先生とタッグを組めるのが一番良いのかなと思います。

 ―男性の指導者だと言いづらいですか。

 やっぱり、中学生や高校生だと言いづらいですよね。けがでさえも、指導者に言えなくて、あそこが痛いとか、ここが痛いとか。生理の話もできないですよね。

 ―大事な大会だと、ピル飲んで周期をずらすことは現実的かもしれないけど、リーグのように毎週試合があると、どうやって対策をとるのですか。

 だから何も対策はしていなかったですね。うまく付き合っていくしかないと思っていました。

 ―不妊についての知識は引退してから知ったのですか。

 現役当時はそんなことを考えもしなかった。私の周りの方達、先輩も含めて、悩んでいる方はたくさんいるので、過度なストレスとか、体を酷使しすぎることは良くないことだなと痛感しています。本来、スポーツは健康になるためにやっているものなのに、真逆のことをやってしまっている。

  ×  ×  ×

 大山 加奈(おおやま・かな)バレーボール女子の元日本代表で力強いスパイクを武器に世界選手権やワールドカップ(W杯)に出場。2004年アテネ五輪では5位入賞に貢献した。10年に現役を引退。東京・成徳学園(現下北沢成徳)高出。36歳。東京都出身。

【関連記事】

・性的画像問題「嫌だと思いながら演技」体操の 田中理恵さん

https://this.kiji.is/719371745769095168?c=39546741839462401

・性的画像問題「競技の魅力伝えるのが本質」競泳の田中雅美さん

https://this.kiji.is/719376904706179072?c=39546741839462401

・性的画像問題 [カメラに違和感、 声上げる現役選手 ビーチバレー坂口佳穂さん ](https://this.kiji.is/719384366613430272?c=39546741839462401)

https://this.kiji.is/719384366613430272?c=39546741839462401