アウトドアブームと呼応するように、四駆がブームを巻き起こしつつある。同時に4WD・SUVカスタマイズも注目されている。四駆の総合カスタマイズ・パーツメーカー「ジャオス」はそのムーヴメントを支えている。日本のオフロード文化に対するコダワリ、それを実現する技術力とパーツ開発で、ニーズに合わせたアイテムを世に送り出す気概を込めた「JAPAN OFFROAD SERVICE(=JAOS)」というネーミングはダテじゃない。
〝本物〟のパーツ開発を行なう一方で、ジャオスの姿勢にあるのがニーズの半歩先(一歩ではないのがポイント)を見据えた4WD・SUVスタイルの提案だ。その時々のテーマに沿って一貫的なデザインと機能を誇る各パーツは、全てを装着しても決して仰々しくならず、見た目重視となりがちなエクステリアパーツでも、きちんと機能性に配慮。もちろん、法規を遵守したサイズ・形状・品質であることも必要条件。安心して装着できるのも、ジャオス製品を選びたくなる特筆点だ。様変わりする4WD・SUVというジャンルで〝定番〟であり続けるのはさまざまな積み重ねによるものなのだ。ここではそんな総合パーツメーカーの人気アイテムから、カスタムする魅力を探って見ることにしよう。

JAOSマッドガードⅢ

JAOSプロダクツの代表的存在で、各車で確固たる人気を誇るのが「JAOSマッドガードⅢ」。抜群のフィッティングと容易な作業で装着できる車種別専用タイプと、幅広い車種への対応を目的とした加工前提の汎用タイプを用意。大型マッドガードのウィークポイントである巻き込み・巻き上げは、PP製ハンガーベルトと通気性を確保したアルミ製ハンガープレートで効果的に制御。ハンガープレートは、プレス加工により外周から小さな通気ホールにまで丁寧なカーブ処理が施され、スポーティな雰囲気と質感を高める。カラーはブラックとレッドの2色設定。

JAOSプロテクターシリーズ

元々マッドガードやアンダーガードといったプロテクションパーツはJAOSの人気パーツだったが、それを超えるイキオイで現在のジャオスのヒットアイテムとなっているのが、各車種に設定されている「ドアハンドルプロテクター」だ。貼るだけの簡単装着ながら、しっかりとボディをガードできるPVC材を採用したプロテクター系アイテムは、ラインアップを随時拡大中。特にデリカD:5用の「バックドアスカッフプロテクター」やジムニーシエラJB74用の「サイドシルプロテクター」「フェンダープロテクター」などは使ってみればその効果は歴然。

for JIMNY SIERRA JB74

for HILUX GUN125

for DELICA D:5

気付けば傷ついてしまいがちなドアハンドルポケットをスクラッチ傷などからボディを守るPVC材の樹脂製ドアハンドルプロテクター。純正用品サプライヤーとの共同開発によるものというのも納得の品質は高さと耐候性は魅力だ。

JIMNY SIERRA JB74

DELICA D:5

乗降時に足をぶつけやすいドア内張りパネルをガードするドアインナープロテクターもフィールドに出かける機会の多いユーザーにはオススメ。汎用性の高いサイズとレザー調PVCで、自分好みに室内の質感アップもできる。●汎用品

JIMNY SIERRA JB74

BATTLEZサスペンション(コイル&ダンパー)シリーズ

ジャオスが展開する機能系パーツのブランド「BATTLEZ(バトルズ)」。その中核を担うのが足回り…そう、サスペンションシリーズだ。チタン配合(ヘタリ保証付き)により、乗り味をシャキッとさせるコイルスプリングは、ジャオスの「BATTLEZコイル」はスタイルアップの要となる車高も決定(車種により車高アップコイルとダウンコイルを設定)。また組合わせるダンパー(ショックアブソーバー)にも注目。ハーモフレック®という、特殊機構を塔載した〝VF〟シリーズを擁する「BATTLEZダンパー」を用意している。上質な乗り味や、オフロードでの安定感にも貢献する。
KYBとの共同開発による「ハーモフレック®」技術をダンパーに投入。高周波・低入力時は減衰力を下げてゴツゴツ感のないフラットな乗り心地を、低周波・高入力時には減衰力を上げて高い操縦性を実現する特殊機構。
スプリングコイルは、チタン配合。車種によってアップコイル/ダウンコイルを設定しているのも特徴で、車高アップすれば、より大きなタイヤが履ける。“やわらかさ”と“コシ”を両立する柔軟性を持つ。

JAOS SUVホイールシリーズ

お洒落の基本は足もとから…という格言を持ち出すまでもなく、四駆のカスタムではオフロードタイヤとホイールとの組み合せも重要。ジャオスでも車種に合わせたオリジナルホイールをラインアップ。スポーティ&プレミアムに存在感をアピールする「ASTELLA(アステラ)」シリーズ、ラリー活動にも採用されている本格派ホイール「TRIBE(トライブ)」シリーズ、さらに装着車種をジムニーに絞った「EXCEL JX3」や「ADAMAS BL5」など、総合パーツメーカーならではの思想で設計・開発されるホイールは要注目だ!

ASTELLA CM-03

EXCEL JX3

TRIBE CROSS

ADAMAS BL5

サスペンションと同様に、過酷な走行状況でのテストをクリアした4WD・SUVにふさわしい耐久性とルックスを両立するジャオスSUVホイール。同時装着するタイヤの選択についても、JAOSコンプリート車両を参考にしたい。

  • ジャオス
  • 0279-20-5511
  • https://www.jaos.co.jp

The post 「JAOS」コダワリを凝縮したパーツ群から〝カスタムを考える〟 appeared first on LETS GO 4WD WEB.