◆XTREME-J XJ07

4WD・SUV専用ホイールシリーズとして、10年以上に渡って数々のホイールを提案してきたMLJのオリジナルブランド「XTREME-J(エクストリーム・ジェイ)」。そもそもMLJは、カスタムの本場アメリカから様々なブランドのアルミホイールを輸入してきた存在だ。ただし日本とアメリカではクルマに対する保安基準が異なり、ホイールによっては装着できても、オーバーフェンダーなどを追加しないと車検に適合しないケースも多い。
それに対しMLJのオリジナルブランドXTREME-Jは、国産4WDやJEEPでも、日本の保安基準に適合するサイズを設定しているのが最大の強味。そんな〝XJ〟ブランドから、2021年に登場した新作「XTREME-J XJ07」はビードロックホイールをオマージュしたデザインを採用した逸品だ。

サテンブラック

マットブロンズブラックリム

鋳造1ピース構造だが、ビードリングのリアルさを強調するため、ディスク部と分離したデザインを採用。ここのエッジをシャープにすることで4WDの力強さを引き出し、ここからセンターに向けて一気に落とし込むことで、立体感も見事に引き出している。
今回撮影したサテンブラックの他、マットブロンズブラックリムも設定。シックに決めるか、ディスクの存在感を際立たせるかで、大いに悩んで欲しい。

オフロードテイストは強調したいが、リアルなビードロックまでは必要ない。またオーバーフェンダーを追加しないで、可能な限りワイルドさを強調したいオーナーにオススメなXJ07。最大のポイントは、やはりビードロックをイメージしたリムデザイン。エンド部分にあしらわれたボルトはもちろん、そこにディンプルを設けることで、豊かな表情を見せる。また8つのDウインドーと深いコンケイブ形状が相まって立体感を強調している。
最近のアメリカンホイールにもよく見られるトレンドだが、センターキャップはただの〝フタ〟ではなく、そこまでを一体でデザインする風潮が強い。XJ07 もそんな流れを採用することで、ホイール全体の美しさも追求している。なお、今回装着したプラドサイズ(ハイラックスにも適合)のほか、ラングラー、デリカD:5、さらには軽トラにまで装着可能な豊富なサイズバリエーションを誇る。
  • MLJ
  • 03-5473-7588
  • https://www.mljinc.co.jp

The post 「MLJ」〝過激〟の名を持つ新作8ホールディッシュ!アメリカンテイストを強調しつつ日本の保安基準にも対応する「XTREME-J XJ07」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.