陸上自衛隊は30日、午前8時40分頃に北富士演習場で手りゅう弾投てき訓練に参加中の隊員が、別の隊員が投げた手りゅう弾の破片を受け死亡した事故を受け、陸上幕僚長の森下泰臣陸将が会見を行った。

【映像】手りゅう弾投てき訓練中の隊員が死亡

 会見では、手りゅう弾投てき訓練中に第1普通科連隊所属の隊員1名が死亡する事案が発生したことを報告。陸上自衛隊全部隊では、安全確認ができるまでの間、全ての実弾射撃訓練の実施を一時中止するとした。

 森下陸将は「このような事案は、武器を扱う組織として決してあってはならないものであり、陸上幕僚長として非常に重く受け止めている。陸上自衛隊としてこのような事案を二度と発生させないよう、当面の訓練における安全訓練の徹底を図るとともに、本事案の原因究明を早急に行い、再発防止を図っていく」と述べた。
(ABEMA NEWS)