【米大リーグ】ホワイトソックス−エンゼルス(9月16日・日本時間17日 シカゴ/ギャランティード・レイト・フィールド)

【動画】飛距離十分、ポールギリギリの特大ファウル

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」でホワイトソックス戦に先発出場し、第3打席にホームラン性の特大ファウルを放った。スタンド上段まで到達しながらもライトポールの右側に切れた打球に、スタジアムは一時騒然。日本のファンからも「惜しすぎる」「心臓バクバク」といったコメントが殺到した。

 本塁打王のタイトルを争うペレス(ロイヤルズ)が同時開催のゲームでゲレロJr.(ブルージェイズ)に並ぶ45号2ランを放ち、両者を1本差で追いかける立場となった大谷。第1打席では3試合ぶりのヒットをマークし、直近7試合で22打数4安打、打率.182という不振から立ち直る兆しを見せていた。

 迎えた5回の第3打席の初球、大谷は肘を畳んだ巧みなスイングで内角のボール球をジャストミート。スタンドインは間違いなしという勢いの打球がライト線いっぱいに伸びていくと、ABEMAで実況を担当した熊谷龍一アナは思わず「ライトに上がったぞ!ポールのどちらだ!?どちらだ!?どちらだ!?」と絶叫した。

 しかしスタンド上段まで到達した打球は、わずかにポールの右側に切れてファウルの判定。ゲレロJr.とペレスに並ぶ45号とはならなかったが、規格外のパワーを目の当たりにした敵地の観客から大きなどよめきが起こった。

 非常に際どい特大ファウルだっただけに、中継を見守っていたファンも「惜しすぎる」「心臓バクバク」「まじかよおおおお」「すごいドキドキした」「おまけしてくれ笑」「それにしても惜しかった」と悶絶。また「相変わらずえぐいパワー」「音すごかった」「目が覚めたわ」「飛距離おかしくなかった?」といったコメントも相次いだ。大谷自身も打球の行方を凝視して残念そうな表情を見せていたが、その後しっかりと気を取り直してセカンドへの内野安打を放ち、9月4日(日本時間5日)以来のマルチヒットを記録している。
(ABEMA『SPOTSチャンネル』)