【米大リーグ】ホワイトソックス3−9エンゼルス(9月16日・日本時間17日 シカゴ/ギャランティード・レイト・フィールド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。9回の第5打席には守護神のマイク・ライトが投じた4球目90マイル(約145キロ)の速球が大谷の右足を直撃。初球からインコースを執拗に攻めていたこともあり、審判団の協議によって故意死球とみなされてライトは退場処分に。その後、この退場の裁定に抗議したトニー・ラルーサ監督にも同じく退場処分が下された。スタジアムが騒然となる中、一塁に歩いた大谷はファーストのシーツと笑顔で談笑。日本のファンを安心させたが、この故意死球の直前にも大谷の人間性が垣間見られるシーンがあり、一連の振る舞いにファンが注目、実況が称賛した。

【映像】注目を集めた大谷の振る舞い

 それは同じく9回の第5打席、初球88マイル(約141キロ)のインハイをファウルにして迎えた2球目のこと。90マイルの真っすぐはさらに体に近いコースへ投じられ、思わず「アッ!」と大きな声を上げながら咄嗟に身体をくの字にして直撃を避けた大谷は、自身の足元に跳ね返り、さらに投手の方へ転がっていったボールを追いかけるとそれを拾い上げ、三塁ベンチ方向へ投げ返した。

 この試合を中継したABEMAで実況を務めた熊谷龍一アナは「あぁ!おっとっと…」とあわやデッドボールの瞬間に驚きの声を上げると「大谷が(拾いに)行って、ボールを返しました」とその後の行動についても言及。するとファンからも「わざわざ取りに行く」と言った声が寄せられた。そして、問題となった4球目の故意死球判定の場面で熊谷アナは「2球ああいうボールになるので、さすがに球審(他の審判を)呼びましたね。さすがにこれは…ちょっとああいう当たり方は…」と憤りを交えて語り、直後に退場処分が下されると「退場!」と4度、興奮気味に連呼した。

 その後、大谷とシーツが塁上で談笑する場面が映し出されると「あぁ、こういうところが大谷らしいですね。ファーストで会話を交わしています。笑顔で会話しているシーツと大谷」と状況を説明しつつ、一触即発の状況下で見せた大谷の振る舞いと人間性を称賛した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)