【米大リーグ】エンゼルス0−10アストロズ(9月20日・日本時間21日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が、アストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。一ゴロ、遊ゴロ、空振り三振、中フライと4打数無安打に終わり、チームも0対10で敗れた。第4打席には9試合ぶりの45号かという大飛球を放つも、惜しくもフェンス手前で失速。試合そっちのけで雑談に興じる地元ファンが思わず立ち上がる様子を現地映像が捉えると、その後の女性ファンのリアクションに様々な反響が寄せられた。

【映像】女性ファンの面白リアクション

 前日の試合で8回2失点の好投を見せるも、打線の援護がなく、1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりの「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」は次回登板以降に持ち越しとなった大谷。今シーズンは登板翌日に9本塁打と当たりが出ているジンクスもあって9試合ぶりの45号に期待が集まったが、快音が聞かれないまま8回の第4打席を迎えた。

 その初球、アストロズの2番手・レイリーの代わりばなの失投を捉えると、乾いた音を響かせてセンター方向に打球が上がった。ABEMAの中継で実況を務めた石黒新平アナも「高く上がっている!飛距離はどうでしょう!」と興奮気味に伝えたが、角度がつきすぎた打球はフェンスの手前で失速し、センターを守るマコーミックがキャッチ。一時は歓声に沸いた本拠地エンゼル・スタジアムは、地元ファンの残念そうなため息に包まれた。

 すると現地映像は、同シーンで大谷の打球に反応した観客に注目した。0対6と一方的なリードを許したせいか雑談に没頭している様子だったエンゼルスファンのある女性は、大谷がセンターに大飛球を放つと思わず立ち上がってボールの行方を凝視。そのまま神妙な表情でボールがマコーミックのグラブに収まると、あっさりと何事も無かったかのように着席した。

 ABEMAの視聴者からは「惜しかったな〜」「かなしみ」「なぜこれが入らない…」など、あとわずかでホームランという当たりを悔しがる声のほか「みんな諦めてるやん!」「諦めるの早っ」など、観客の挙動に注目するコメントも続出。次の試合こそは、現地ファンはもちろん日本で応援するファンも飛び上がらずにはいられない大谷の豪快な一発に期待したいところだ。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)