<大相撲九月場所>◇十二日目◇23日◇東京・両国国技館

 前頭十二枚目の栃ノ心(春日野)が前頭十七枚目・千代の国(九重)を押し出して6勝目を挙げた取組は、およそ35秒の白熱した攻防が繰り広げられ館内を沸かせた。勝負が決した瞬間には、押し出した千代の国の手をとった栃ノ心が、土俵下に落ちるのを防ぐような気遣いを見せる場面も。栃ノ心の優しさに千代の国が笑顔を浮かべたのち一つうなずくと、栃ノ心も健闘を称え合うようにうなずき返す様子が見られ、ファンからは「最後の気遣い」「最後のシーンが良いな」などの反応が。さらに栃ノ心が見せた咄嗟の振る舞いに対しては「日本人の心を持っている」などといった声まで聞かれた。

【映像】両力士が見せた“うなずき”

 立ち合いで左に少し変化した千代の国に対して、右をおっつけるようにして追いかけ、体を寄せる栃ノ心。互いにまわしに手がかからず、突き押しとはたきを交互に繰り返す手に汗握る攻防に対して、館内からは拍手と歓声が起こった。

 最後は土俵中央で顔を紅潮させた栃ノ心が、やや強引に千代の国の体勢を崩したところを一気に押し出した。敗れた千代の国は4敗目を喫した。ABEMAで解説を務めた元大関・豪栄道の武隈親方は「常に攻めていたのが栃ノ心」と勝因について触れると「前にずっと圧力をかけ続けている。栃ノ心もだいぶ疲れていたと思うが、最後は気持ちで」と続けた。

 また取組後に見せた両力士の振る舞いに対してファンからは「熱戦だった」「出し切った」と両力士を称える声に加え「最後の気遣い」「最後のシーンが良いな」といった声も。さらには「日本人の心を持っている」といった反響が寄せられていた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)