【MLB】ドジャース10−0メッツ(4月21日・日本時間22日/ドジャースタジアム)

 ドジャースの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。松井秀喜氏を超える今季5号、日本人メジャー通算176号のメモリアル弾を放った。打球速度177キロ、飛距離128.9メートルでライトスタンドに突き刺さった特大弾は、右翼手が一歩も動かず、打球を見ることさえ拒否する「確信動かない」のリアクションで話題を呼んだが、現地カメラがネット裏ファンのほぼ全員が揃って「確信お口“あんぐり”」という笑撃のシーンを捉えていた。

【映像】ファン揃って「確信お口“あんぐり”」笑撃の瞬間

 今季まだ被本塁打ゼロだったメッツ先発・ハウザーの甘く入ったスライダーを完璧にとらえた大谷の8試合ぶりとなる豪快アーチは、大谷自身が打った瞬間に“確信歩き”を披露する大きな放物線を描いた。

 その際、メッツの右翼手であるマルテが一歩も動かず手を後ろに組み、目でボールを追うこともしないリアクションが話題を呼んだが、リプレー映像では、ネット裏のファンが揃って口をあんぐりさせる「確信お口“あんぐり”」という笑撃の瞬間をカメラが捉えていた。

 マルテのリアクションもさることながら、ファンも一瞬で“それ”とわかる大谷らしい一発。昨季、アジア人初となる本塁打王を獲得した日本が世界に誇るスラッガーがチームを勝利に導く驚愕のアーチを一本でも多く描けば、自身初のポストシーズン進出、さらにワールドシリーズ制覇にまた一歩近づいていく。

 まずは1日の休養を挟み、場所を敵地・ワシントンD.C.に移して行われる同24日のナショナルズ戦での大谷の爆発に期待したい。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)