<大相撲五月場所>◇四日目◇15日◇東京・両国国技館

 大関・豊昇龍(立浪)と前頭二枚目・平戸海(境川)の白熱した取組に立行司が巻き込まれて転倒するアクシデントが発生した。あまりの熱戦に両力士はアクシデントに気づかなかったのか、取組直後、勝った豊昇龍は行司を見ながら驚きの表情を浮かべたが、その様子にファンからは「ガン見してるじゃん」などの反響が相次いだ。

【映像】豊昇龍が立行司に見せた一瞬の表情

 結びの一番で思わぬアクシデントが発生した。立ち合い右を差した両者、先に下手を引いた豊昇龍が投げを打つが、耐える平戸海。こんどは右四つに組んで上手を取った平戸海が攻めるも、豊昇龍も耐え、激しい投げの打ち合いに。すると直後、土俵際で平戸海の足が接触し、立行司の木村庄之助が転倒するアクシデントが発生。倒れた庄之助が勝負の行方を見守るなか、なおも激しい攻防戦を繰り広げる両力士は、最後、豊昇龍が必死に寄り倒して勝利した。

 あまりの熱戦に行司が倒れたことに気づかなかったのか、取組直後、勝った豊昇龍は庄之助を見ながら「ん?何が起こった」と驚くような表情を浮かべていた。豊昇龍は2勝目。惜しくも敗れた平戸海は3敗目を喫した。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元前頭・明瀬山の井筒親方は「平戸海、よかったですけどね。(豊昇龍と)がっぷりはダメですね」とコメント。続けて「豊昇龍が右を使えていますから。(おっつけが)全然決まっていない。肘が空いてしまっている」と指摘しつつ、「(平戸海は)もっと絞って前みつのほうに上手を持っていきたかったですね」と解説した。

 取組直後の豊昇龍の表情に、視聴者からは「ガン見してるじゃん」とコメントが寄せられたほか、白熱した一番に「はげしい!!過去イチだぜ」「いい相撲だった」「楽しめた!」「いい結びだったよ!」とファンも大興奮の様子を見せていた。(ABEMA/大相撲チャンネル)