【MLB】ドジャース7-3レッズ(5月17日(日本時間(5月18日)/ロサンゼルス)                       

【映像】球場騒然… 大谷の変態パワー弾で“異変”

5月17日(日本時間(5月18日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対シンシナティ・レッズの一戦で、ドジャース・大谷翔平がアーチを放った際の“打球音”が、野球ファンの間で話題となっている。

1-0、ドジャース1点のリードで迎えたこの試合の3回裏・1死一塁の場面で打席に立った大谷は、レッズ先発フランキー・モンタスが投じた初球、やや外角へのストレートを積極的に打ちに行くと、打球はひと際大きな快音を響かせてレフト方向へと上がりはじめ、そのままレフトスタンドの一角に設けられたブルペンの左へと飛び込むアーチに。一見、フルスイングで捉えた“会心の一発”には見えなかったものの、その意外ともいえる衝撃の飛距離と、強い衝撃を感じさせる大きな快音が印象的な一打となった。

こうした“音”と飛距離が印象的だった大谷の一撃に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「すげえ音w」「相変わらず破壊力のある音やな」「あれが入るのかよ…」「そこまでガッツリ打ってる感じじゃないのに」「この音であの飛び方やからな」「音だけで充分確信できる」「音聞いてなかったらファウルかなって思うわ」「大谷さんの打球、こっちも目立って伸びるようになったな」「去年まではファウルになったボールでもしっかり捉えて叩き込めるようになったいうことか」「なんであんな打ち方でこんな音出るんだろう…」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)