【MLB】ドジャース2-7レッズ(5月16日(日本時間(5月17日)/ロサンゼルス)                    

【映像】大谷、ボール直撃→ヤバすぎる神対応

5月16日(日本時間(5月17日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対シンシナティ・レッズの一戦で、ドジャース・大谷翔平が見舞われた牽制直撃の場面が、野球ファンの間で話題となっている。

1回表にレッズが2点を先制し、迎えたその裏・ドジャースの攻撃は、1死走者なしから2番の大谷が四球を選び、1死一塁に。続く3番フレディ・フリーマンの打席、カウント2-2からの5球目を前に、レッズ先発の左腕ブレント・スーターは、一塁へと牽制。しかしこれが逸れてファーストのスペンサー・ステアが捕り損ね、送球が走者の大谷を直撃。帰塁するために背を向けたタイミングで、不意打ちのように左腿の裏側を当てられた大谷は、痛さのあまりしばし塁上で蹲り、苦悶の表情を浮かべることに。幸いにして大事には至らなかった模様で、すぐに笑顔を見せてプレーが再開されることとなったが、球場に詰め掛けた大谷ファンがヒヤリとする場面となった。

こうした大谷の“牽制直撃シーン”に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「これは痛い」「腿の裏ってめっちゃ喰らうんだよな…」「つかファーストもちゃんと捕れよなw」「世界の至宝に何してくれんねん」「それにしても爽やかだな」「さすが人格者」「聖人すぎるな」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)