【MLB】ドジャース2-7レッズ(5月16日(日本時間(5月17日)/ロサンゼルス)      

【映像】大谷、盗塁スタートして急加速する瞬間

5月16日(日本時間(5月17日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対シンシナティ・レッズの一戦で、ドジャース・大谷翔平が<>が、野球ファンの間で話題となっている。

0-2、ドジャース2点のビハインドで迎えた1回裏・ドジャースの攻撃。この回のドジャースは、1死走者なしの場面から大谷が四球を選んで出塁することとなったが、続く3番フリーマンの打席で、レッズ先発の左腕ブレント・スーターが投じた一塁への牽制球が逸れて大谷の左腿の裏側を直撃するというアクシデントが発生。当てられた大谷は苦悶の表情を浮かべながら、しばしその場でしゃがみ込んだ後で立ち上がり、再びプレーが再開されることとなったが、その後2死となった後で迎えた4番テオスカー・ヘルナンデスの打席で大谷はまさかのスタート。左腿を送球が直撃した直後であったにもかかわらず、いつもと変わらぬ“爆速走塁”を披露し、二塁を陥れることとなった。

この日はレッズの“爆速男”として知られるエリー・デラクルーズが、4安打4盗塁という離れ業で早くも今季30盗塁目をマークすることとなったが、そんなデラクルーズの前で披露されたこうした大谷の盗塁シーンに、日米の大谷ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「当てられてこれやからなw」「体強すぎだろ」「どんだけ丈夫やねんwww」「いっそのこと盗塁王目指して欲しいわ」「1番大谷でもええんちゃう?」「デラクルーズと張り合うのは大谷さん」「普通に50盗塁ぐらいはしそうな勢い」「スピードはデラクルーズだろうけどモーション盗む技術は普通に大谷さんが上だと思う」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)