【MLB】パドレス1-4ヤンキース(5月25日(日本時間(5月26日))      

【映像】松井裕樹のボールでヤ軍ジャッジに“異変”

5月25日(日本時間(5月26日)に米・カリフォルニア州 サンディエゴのペトコ・パークで行われたインターリーグ、サンディエゴ・パドレス対ニューヨーク・ヤンキースの一戦で、パドレスの松井裕樹が、ヤンキースの誇るMLB随一のスラッガー、アーロン・ジャッジを見事な3球三振に打ち取った場面が、野球ファンの間で注目を集めている。

1-4、パドレス3点のビハインドで迎えたこの試合の8回表・ヤンキースの攻撃。3番のジャッジから始まったこの回、パドレスは7回2死一、三塁の場面から登板してピンチを切り抜けた松井が回を跨ぐ形でマウンドに。その松井はジャッジに対し、初球、外角のストレートでファウルを打たせると、2球目は外角低め、ボール気味に投じたスプリットを振らせてカウント0-2に。簡単に2球でジャッジを追い込んだ松井は、続く3球目も、2球目と同様に、外角低め、コースいっぱいのスプリットで見送り三振に。この日、痛烈な先制アーチを放つなど打撃好調のジャッジを見事3球三振に切ってとることとなった。

こうした松井の見事な投球に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「ジャッジ、止まったw」「やべえな」「まさかの3球三振」「なんだこのすげえ左腕」「いうてNPB通算236セーブやぞ?」「松井の実力はこんなもんじゃないって」「スアレスとエストラダが何かあれば松井がクローザーになる可能性もあるな」「250S達成して欲しいわ」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)