【MLB】メッツ2-5ドジャース(5月28日(日本時間(5月29日))        

【映像】大谷、ベンチで見せた一瞬の“表情”

5月28日(日本時間(5月29日)に米・ニューヨーク州ニューヨークのシティ・フィールドで行われたニューヨーク・メッツ対ロサンゼルス・ドジャースのダブルヘッダー、第1戦で、ドジャースの大谷翔平がベンチで見せた表情が、野球ファンの間で注目を集めている。

0-2、ドジャース2点のビハインドで迎えたこの試合の7回表の攻撃が始まる直前、中継カメラはドジャース側のベンチの模様を映し出すことに。するとその映像の中で大谷は、眉間に皺を寄せるようなやや険しい表情を見せながらベンチ内を歩き、何やら独り言を呟いているような姿を見せることに。この時点で大谷は第3打席まで終えていたが、快音はなく、また、空振り三振に一塁へのゴロ2本と、凡退の内容としても厳しいこともあって、大谷のこの姿は、瞬く間に現地ファンの間でも注目を集めることとなった。

先日、公表された足の違和感も影響しているのか、大谷本来のスイングであるとは言い難い形での凡退が続いた中で見せたこのひとコマに、日本の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「大丈夫かよ…」「これはかなり険しいな」「本気で心配になるわ」「きっと何か考えてるんやろな」「みんなも話しかけてないもんな」「早くいつもの笑顔が戻ってくるといいんだけどな…」「6月から無双するから大丈夫」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)